電磁メタマテリアル講演会

第10回電磁メタマテリアル講演会開催のご案内

【講演会概要】
 メタマテリアルとは、対象とする電磁波(光を含む)の波長よりも十分小さな構造要素を並べた人工物質で、自然界に存在物質ではありえないような性質を持つ物質です。
 例えば、誘電率と透磁率を同じ波長で負にすることも可能で、この場合屈折率は”負”になり、平板がレンズになるなどの奇妙な性質が現れます。最近では波長よりずっと薄い膜に構造を施すことにより、様々な機能を生み出すこともできるようになってきています。

 私たちは9年前より毎年、メタマテリアルの基礎と応用について紹介する公開講演会を開催しています。第10回となる今回は、実際に応用に用いられるようになったメタマテリアルのお話を伺うために、お二方にご講演いただくことにいたしました。基礎的な部分から丁寧にお話しいただくようお願いいたしましたので、現在メタマテリアルの研究・開発に関わっていらっしゃるかたのみならず、初心者、学生さんも奮ってご参加ください。

 いずれも参加費は無料で参加資格に制限はありません。また,テキストを配布する予定にしております。

【日 時】
2020年3月4日(水曜日)
公開研究会 13:30-16:50  情報交換会 17:00-19:00
【会 場】
機械振興会館( 〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5-8)アクセス
【主 催】
日本学術振興会産学協力委員会「メタマテリアル第187委員会」
【参加費】
無料(情報交換会に参加される方からは会費をいただきます。)
【対 象】
どなたでも
【講演言語】
日本語
【情報交換会】 
 17:00-19:00 参加費 4,000円
【定 員】
(先着順。定員になり次第締め切り)
【申込方法】
下記参加フォームよりお申し込みください
参加登録フォーム
【申込期限】
2020年2月21日(金) 2020年2月28日(金)に延長しました。
【連絡先】
「メタマテリアル講演会」事務局
sympo10@metamaterials187.org

プログラム

13:30-13:50 はじめに 石原 照也(東北大学)
13:50-15:10 「メタマテリアルアンテナ - Amcennaはこうして生まれた-」
 内村 弘志 氏(京セラ株式会社 先進マテリアルデバイス研究所)
15:30-16:50 「メタサーフェスを利用した高効率赤外光源、赤外検出器」
 宮崎 英樹 氏(物質・材料研究機構)
日本学術振興会 産学協力研究委員会 メタマテリアル第187委員会