メタマテリアル187委員会

目的

通常の物質の電磁応答は、それを構成する原子・分子や結晶構造などの微視的な配列によって決まっており、誘電率と透磁率の値には大きな制限があります。しかし、電磁波波長より小さく原子よりは大きなスケールで人工構造をうまく設計すると、有効誘電率や有効透磁率を自由に制御でき、その結果、負の屈折や電磁波の迂回、アンテナの高性能化、超解像イメージング、超解像リソグラフィーなど、従来ありえなかった特殊な電磁応答をする人工物質を作ることができます。これをメタマテリアルと呼びます。

本委員会ではメタマテリアルの構成法とその作製方法の開発並びに新奇現象の発掘などの基礎研究と、その産業応用の可能性について、産業界のメンバーが学界メンバーと議論を行い、将来の新規産業に結びつけることを目指します。

ニュース

2014.03.07
2013年度第4回研究会(一般公開シンポジウム/新学術領域との共催)を開催します。詳細はこちら。
2013.11.12-14
2013年度第2回研究会を開催します。
2013.10.03
ホームページを設置しました。
日本学術振興会 産学協力研究委員会 メタマテリアル第187委員会